世界大会に対しての私たちの思い

世界大会に対しての私たちの思い

2020年、IDO本部会長Michael氏のアジアに広げたいという思いと私たちの思いが合致しタップダンスラボラトリーはIDO-Japanタップダンス日本支部に着任いたしました。

 IDOとはダンスのオリンピックとも呼ばれている組織で、タップダンスは競技の中の一部の種目です。

 毎年ドイツのリーザで行われる会場は熱気に包まれ、各国々の応援団で溢れかえり、声援もたくさんの言葉が入り混じります。異国同士が一挙に集結しますが、中には残念ながらいまだに国同士が紛争を行っている地域もあります。国によっては、参加費を捻出するため宿泊代を削ってバスで寝泊まりしているところや、チームの中で言語がいくつにも分かれていて、チームメイト同士で言語を使い分け対応している国もあります。そのような中でも競技者同士は、タップダンスを通してコミュニケーションを取り合い、お互いの健闘を称えあうのです。その場にいると世界の平和を感じることができます。

 この大会は、世界を身近に感じ、知ることができる貴重な場所です。この大会に出場したい、させたいという人が多い理由はメダルの獲得だけではなく、その背後に、世界とつながり、人間としての成長につながる素晴らしい経験ができるから、という理由があるのです。

 日本ではまだ認知度の低いタップダンスですが、世界では大変ポピュラーなダンスで、幼少期からバレエと並び表現教育として取り入れています。タップダンスの正確なリズムと身体表現は日本人の性格に合っていると私たちは考えています。 また、かつてのフィギュアスケート競技もなかなか人気を獲得できませんでしたが、大会を経て盛り上がり、いまや知名度は大変高いものとなりました。タップダンスにもその可能性があると希望を持っています。なぜなら、タップダンスにはたくさんのステップやスピードの技術力、そして表現力が兼ね備わっています。
 私たちは、IDO世界大会を軸として、日本に更にタップダンスを広めていくことを使命とし活動をしていきます。

与都 明子 Akiko Yoitsu

IDO代表Michael Wendt氏と

 

芸術に競技は必要か?

なぜ、ダンス競技というものができたのでしょうか。
それは、競技として栄えさせることで競技人口が増えレベルアップが見込めるからです。企業やメディアの皆様にも注目していただきたい。 コミュニティが育ち、目にとまればスポンサーも参加しやすく、ダンスを続ける環境を整えやすくなるでしょう。 ダンスを楽しみ続けるために競技にしたのです。

競技ダンスを通して、人と人とが繋がる世界平和な価値観をみせていきたいと思っています。